のどの痛みのツボ指圧 >

 喉の痛みは、空気の乾燥によるもの、風邪による扁桃腺の腫れによるもの、またたばこの吸いすぎや、お酒の飲み過ぎなど不注意から起こる場合があります。これらの喉の痛みによいのが、手にある合谷、耳たぶの後ろにある天容、足の裏の湧泉などのツボです。
 いずれも、指圧しやすいツボを適度に刺激すればよいのですが、喉の痛みがかなりひどい場合は、天容、合谷、湧泉の順に刺激していくとよいでしょう。


<喉の痛みにきくツボ>
合谷(ごうこく)手の甲で、人差し指と中指の延長線上の間にあるツボ。喉や歯の痛みによい。
指圧法…片方の手の親指で、指圧する方の手を支え、人差し指の先端を使って、グッと押し込むように指圧する。これだけでも喉の痛みが軽くなってくる。
天容(てんよう)耳たぶの後ろにあるくぼみより、指1本分後ろにあるツボ。喉を直接刺激する。
指圧法…人差し指または中指の腹を使って、刺激する。適宜。
湧泉(ゆうせん)足の裏で指を内側に曲げるとできるくぼみ。
指圧法…ゴルフボールなどを踏んで刺激する。3〜5分続ける。