疲れ目 >

 パソコンやテレビの画面を長時間見続けたり、細かい文字を読んだりして目に負担をかけると、疲れ目になります。疲れ目によって、目が乾燥する、ショボショボする、ゴロゴロするなど、不快な症状が起こります。
 疲れ目は、目の周囲にあるツボを刺激して血行を促進すれば症状が軽くなってきますが、首の鬱血によって起こる場合もあります。そのときは頭痛の項でも紹介した、天柱や風池を刺激して首の鬱血をとれば、症状が軽くなってきます。
 疲れ目は頭痛や肩こりなど、様々な症状を引き起こす原因にもなります。パソコン画面などは1時間以上続けて見ないようにし、休憩をとって目を休めましょう。休憩時間にツボを刺激すると、目がすっきりしてくるのでおすすめです。

<疲れ目にきくツボ>
睛明(せいめい)目頭のきわ、鼻の根にあるくぼみ。
指圧法…片方の手の親指と人差し指で、軽くつまむような感じで押す。これを7〜8回くり返す。
四白(しはく)目の真下にあるくぼみ。
指圧法…両手の親指、または人差し指の腹で軽く押す。7〜8回くり返す。

★目の周囲にあるツボは、目を閉じておこないましょう。

天柱(てんちゅう)首の後ろの太い筋肉の外側にある、髪の生え際にあるくぼみ。
風池(ふうち)天柱から親指1本分外側にあるくぼみ。
指圧法…
天柱、風池は手を開き、親指以外の4本の指で後頭部を支え、親指の腹で持ち上げるようにして押さえる。