腰痛のツボ指圧 

 重いものを持ち上げたり、中腰の姿勢を長時間続けていると、腰痛の原因となります。また背骨は、背中の筋肉とお腹の筋肉で支えられてバランスをとっていますが、お腹の筋肉が弱くなると腰に負担がかかり、腰痛を起こす場合があります。
 腰の筋肉をほぐすツボで血行をよくすると、痛みが和らぎます。これを毎日続けると、腰の血行がよくなり、腰に関係する筋肉が強化されるので、腰痛防止に効果的です。また普段から腰痛を防止する体操を実行すると、体が楽になります。
00.1.19


<腰痛にきくツボ>

腎愈(じんゆ)骨盤の上側を結ぶ線と、背骨が交わった骨から、さらに2個上にある腰椎より、約一寸外側にあるツボ。
指圧法…指で交互に押したり、もんだりして刺激する。誰かに押してもらうのもいいが、背中とイスの背もたれの間にゴルフボールなどをはさんで指圧すると、簡単に刺激することができる。
気海(きかい)おへそと恥骨を結んだ線を4等分した、おへそより下に1/4弱の場所。
指圧法…人差し指、中指、薬指の3本で20〜30秒ほど押し続けて離す。これを5〜6回くり返す。

湧泉(ゆうせん)足の指を曲げると、足の裏側にできるくぼみ。 
指圧法…
親指で強めに押す。土踏まず全体を軽く押すのも効果がある。