瘀血のタイプ おもな症状 原因 対策 併用する生薬と
処方
1 元気不足の
気虚タイプ
・息切れ
・動悸
・疲れやすく元
 気がない
・虚弱体質
・過労
・心臓のポンプ
 作用の低下
心臓のポンプ作用としての力を強める ・朝鮮人参
・西洋人参
・黄耆
・麦味参顆粒
・補中益気湯
2 血液不足の
血虚タイプ
・血色が悪い
・皮膚につやが
 ない
・めまい
・栄養不良
・偏食
・出血
・造血機能障害
増血 ・当帰
・阿膠
・芍薬
・熟地黄
・婦宝当帰膠
・四物湯
3 冷え・寒がりの
陽虚タイプ
・元気がない
・手足が冷える
・体の熱エネル
 ギー不足
・冷たいものの
 とり過ぎ
・外気の寒さ
体を温める ・鹿茸
・附子
・肉桂
・温経湯
・八味丸
・海馬補腎丸
4 体液不足で
ほてり気味の
陰虚タイプ
・口やのどが
 乾く
・手足のほてり
・のぼせ
・皮膚の乾燥感
・発汗過多
・嘔吐
・下痢
・高熱による脱
 水
・慢性疾患によ
 る体液消耗
体液を増やす ・麦門冬
・玄参
・生地黄
・八仙丸
・増液湯
・瀉火補腎丸
5 気が停滞した
気滞タイプ
・イライラ
・不安感
・ため息をつく
・胸苦しい
・ストレス
・緊張状態の
 継続
ストレスを緩和し、血管を拡張する ・木香
・香附子
・柴胡
・逍遙丸
・四逆散
・開気丸
6 ヘドロが
たまった
痰湿タイプ
・肥満
・コレステロー
 ルや中性脂肪
 が高い
・飲みすぎ
・食べすぎ
・代謝の低下
過剰な脂質や水分を除く ・山査子
・半夏
・温胆湯
・沢瀉湯
・沙棘油
・沙棘フラボノイド

 一言に瘀血といっても、中国医学的にその発生原因を、分類すると上記6タイプに大別される。
 一般的な血液サラサラ総合療法で症状が簡単に改善されない場合は、活血化淤薬に併用して、証にピッタリあった生薬や処方をプラスしていくことをお勧めする。
 日本では、中医学がまだ普及しているとは言えず、中医学的な観点でアドバイスできるところは限られてくる。その中で、薬剤師や中医師を中心に中医学を研究する日本中医薬研究会(http://www.chuiyaku.or.jp)が身近に瘀血指導を受けられる組織になっている。
また、活血化瘀薬「冠元顆粒」については、輸入しているイスクラ産業株式会社(TEL.03-3281-3363 http://www.iskra.co.jp)に問い合わせを。
瘀血と関わりの深い病気
  1. 神経痛、リウマチ、関節炎、筋肉痛
  2. 冷え症、肩こり
  3. 皮膚掻痒症、アトピー性皮膚炎、乾性湿疹、慢性じんましん
  4. 外傷性疼痛(ねんざ、打撲)
  5. 血管神経性頭痛、脳外傷後遺症の頭痛、半身不随
  6. 動脈炎、静脈炎、血栓性血管炎
  7. 動脈硬化症、高脂血症、高血圧症
  8. 月経困難症(生理痛)、不妊症
  9. 慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胆嚢炎、胆石症
  10. 腫瘍、できもの、前立腺肥大、慢性前立腺炎
  11. 慢性腎炎、ネフローゼ、浮腫
  12. 性機能障害(不妊など)
  13. 肝炎、肝硬変
  14. 健忘、不眠、イライラなどの精神障害