働き盛りの突然死
寝たきり、痴呆症の原因にも

 勢いよく流れる清流のように、血液がサラサラと流れ、身体の隅々まで行き渡ることにより、私たちの健康は維持されている。一人の人間の身体中にくまなく張り巡らされた血管の総延長は、およそ9万kmといわれ、これは地球を2周する距離だ。
 血液には、
(1)細胞に酸素を送り届け、不要な炭酸ガスを回収する(赤血球)
(2)侵入してくる細菌やウイルスから身体を守る(白血球)
(3)各種ホルモンや栄養素を各臓器に運ぶ(血漿)
(4)身体を巡回しながら、体温調節を行う

といった大切な役割がある。
 もしこの流れが滞ったらどうなるのだろう。自然の清流がいま環境汚染の危機にさらされているように、現代人の私たちの血液も様々なストレスやグルメブームの中の飽食、車社会による運動不足、急速に進む高齢化など、数々のマイナス要因 にさらされている。
 血流の停滞は、動脈硬化や血栓を引き起こし、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの疾病を招く。働き盛りを襲う突然死や、高齢者の寝たきり・痴呆症もこれらの疾病が原因になることが多い。脳卒中と心疾患による死亡率の合計は、ガンによるものを抜いてトップになるほどの勢いだ(グラフ参照)。

 血液の流れが滞る状態を中医学では「瘀血(おけつ)」と呼び、これを痛む、しこる、黒ずむなどの身体の表面に現れる症状から判断し、早めに改善する方法が古来からとられてきた。
 滞った血液の流れを改善し、サラサラにする方法「活血化瘀(かっけつかお)法」に関する最新レポートをまとめた。