「けんこうの本」タイトル
書名おべんとうのために考えたかんたん薬膳クッキング著者 植山美保出版社二見書房価格1,480円(税別)
かんたん薬膳クッキング  食育が叫ばれている。確かに子供に与える朝食が菓子パン1個+牛乳、なんていう家庭もけっこうあるらしい。子供のアレルギーが増えているのも、そうした偏った食事は大きな原因になっているだろう。といって量さえ与えればよいというものではなくて、子供の生活習慣病も増えているという、なんとも未来が暗くなるような数字ばかりが報告される。
 食事は、体作り、体調作りの要でもある。カロリーは補えても体調のバランスを整える内容になっているのか、特に朝食と昼食は調理時間が思うままにならなくて、かなりいい加減に考えておられる向きが多いのでは…。考えていますよ、という方でも実はちょっとした思いこみで自分の体に合っていない食事をしているかもしれない。
 本書は、難しいと言われる薬膳の基本的考え方はそのままに、家庭料理の中で簡単に薬膳を実践するという方針で一貫して活動してこられた著書の最新刊。今回はテーマが弁当だが、朝食や夕食の1品に加えてもよいものばかりだ。特に作り置きのできる漬け物やふりかけなどにも力を入れており、忙しい主婦(夫)には歓迎の一冊。
 薬膳は、食材や調味料、調理方法による薬性をレシピの基本に置くが、この本に掲載されている料理を選り好みせずに一通り作ってみると、日常的に使う食材や調理法の特性が頭に入り、ここに載っていない料理を作るときにも、その料理が体にとってどのような作用を持つのか理解しやすくなる。いずれも手軽な料理、おまけにおいしそうな料理なので、ぜひおいしいお弁当作りにチャレンジしてほしい。
2006年12月1日発売 A4変形判 127頁



本の購入は、アマゾンドットコムからどうぞ。★「amazon.co.jp」をクリック。「サーチ」で「和書」を選択、書名を記入して「GO」をクリック。