「けんこうの本」タイトル
書名実践!スポーツ中医学 〜マラソンも登山もゴルフも、より強く、より楽に、より安全に〜著者 谷中博史出版社健康情報館価格1000円(税別)
実践!スポーツ中医学  先日のアテネオリンピックでの中国選手の活躍は目覚ましいものがあった。おそらく北京オリンピックでは、アテネ以上の活躍を示すことだろう。その素地となっていたのが、かつて日本にも名を轟かせた馬軍団である。馬軍団の指導法は、よく食べよく練習すること。問題はその食事だ。さすがに医食同源の国だけあって、さまざまな薬草が料理に使われ、一般的な食材にしてもその薬性などが考えられたレシピであった。食事は疲労を癒し、活力を生み、体を作る最も基本となるものである。馬軍団はそれを中医学をベースにして実施していた。
 本書は、長く漢方を含めて健康・医療関係の編集をしている筆者が、趣味のマラソンや山岳走、登山、さらには自分のがん手術からの回復に、中医学理論を応用して効果を確かめた実践体験例で構成されている。
 近年、日本では超高齢者社会に増大する寝たきり対策として、中高年者へのスポーツを奨励しているが、現実の場では、元気な中高年も増えたが、登山遭難死の90%が中高年者であり、骨折事故も増大しているように多くの問題が潜んでいる。また、若年者を見ても、女子高校生駅伝選手の23%が減量を強いられ更年期障害と同様に無月経で、骨粗しょう症が増え骨折事故が増えている。

 中医学は、病になる前に未然に病を防ぐ「未病先防」という考え方を重視しているが、筆者は、「スポーツをすることは、普通ではない負荷を体にかけることになり、それは病気に一歩も二歩も近づくことである。それならスポーツをする前に対策をこうじておけば安全だ」と考え、自分で効果を確認し、よりパフォーマンスを発揮できるようになったという。
 なるほど、未病先防で安全になるだけではなく、楽にもなるし、ということは記録も伸びる、若さを保てるということでもあるわけである。

 中高年アスリートの安全のためだけでなく、中学生、高校生はもとより、アテネを目指すエリートアスリートやプロ選手も中医学の理論を知っておくと、安全で記録が伸びることになりそうだ。北京五輪はご当所の中医学で大いに活躍を見せて欲しいものである。
 2004年10月10日発売 B6判 168頁

 ※本書は、全国の書店でご注文になれます。在庫がない場合は、取り寄せを依頼するか直接『健康情報館』にお申し込みください。詳しくはこちらから。


本の購入は、アマゾンドットコムからどうぞ。★「amazon.co.jp」をクリック。「サーチ」で「和書」を選択、書名を記入して「GO」をクリック。