「けんこうの本」タイトル
書名漢方養生法著者 元気がでるからだの本編集部編出版社オレンジ・ページ価格952円(税別)
中国漢方養生法  オレンジページが発行する、『元気がでるからだの本』と同じくオレンジページが発行していた『ベーネ・ベーネ』に掲載された中国漢方の健康記事を核に、新たな原稿も加えて構成された書名通りの中国漢方に基づく養生法の本である。

 数ある健康誌の中でもビジュアルで理解する編集スタイルの『げんきなからだの本』は、女性編集者ならではの視点に立った大胆な編集で、既存の健康誌編集者を驚かせた。女性の体調や証のタイプを説明する上で、オリモノの図を入れたことなどはもっとも典型的な例として挙げられるだろう。
 出版社は専門書でもなければ、汚い絵を敬遠する傾向があり、歯槽膿漏とか皮膚病、便などの写真やリアルな絵はまず掲載しない。
 しかし、健康・医療の分野くらい百聞は一見に如かずという言葉があてはまる分野もない。婦人に特徴的なその名も<婦人病>を診断する上でオリモノの状態を知ることは不可欠である。不可欠ならば載せればいい。この明快な割り切り方は、多くの雑誌が存亡をかけてしのぎを削る健康雑誌界の編集者ならではの発想であったかもしれない。とにもかくにもタブーはひとつ消え、私たちの健康の知識は前進することができた。しかも難しい医学理論を身近な視点から分かりやすく紹介しており、『医学』、『漢方』はもちろん『中医学』とか『中国漢方』といった言葉に親しみがない方にも、そんなことは意識せずに理解してもらおうという編集姿勢が感じられる。

 内容は大きく分けて ・体質の把握方法と体質ごとの養生法、すなわち体質改善法 ・中国茶 ・不妊症 ・がん治療 その他となる。現在もっとも今日的な健康問題の一つと思われる「免疫、アレルギー」に関してのページが欲しかったが、おそらくそれを含んだ続巻の発行はすでに企図しているるのではないかと思う。ぜひ期待したい。
 執筆者・監修者には、日本で活躍する中医師の方々が多数参画されているが、その中にこの『健康情報館』で活躍の3名の先生がおられる。『ツボ』の邱紅梅先生、『家庭薬膳』の植山美保先生、『譚先生の周期療法』の譚定長先生。ぜひ誌面からも先生方の魅力に触れていただきたい。
邱紅梅先生ご担当のページ 植山美保先生ご担当のページ 譚定長先生ご担当のページ


本の購入は、アマゾンドットコムからどうぞ。★「amazon.co.jp」をクリック。「サーチ」で「和書」を選択、書名を記入して「GO」をクリック。