「けんこうの本」タイトル
書名自分でできる 中国家庭医学 ”抗老防衰”5つの知恵著者 猪越 恭也出版社農文協価格1429円(税別)
自分でできる 中国家庭医学 ”抗老防衰”5つの知恵
 著者は日本に中医学を紹介した草分けのお一人。それまでほとんど日本に知られていなかった中医学を、特に一般人や薬剤師を対象にした講演(講演会や朝日カルチャースクールや大学での講義など、著作(主な著書に『新中国の漢方』『よく効く漢方実用例50』『キッチン漢方ハンドブック』他)、通信教育(NHK学園生涯学習通信講座『くらしに生かす漢方・薬膳』、家庭中国漢方普及会)で普及に努めてこられた。
 漢方というと難しいそれでいてどこかもやっとしたところのある医学体系、というイメージがあるが、実は本場中国で発展してきた中医学(中国漢方)は明解な理解しやすい医学体系であり、誰もが生活の中で実践できるという。本書では、中医学の基本的な考え方や手法は簡潔に、老化防止にポイントを絞って解説している。
 健康を得るために大事なことは、自分の体全体のバランスの崩れを読みとること。特に寒性か熱性かを判断することは、カゼの治療に始まりもっとも基本的な判断となる。
 そして、『抗老防衰』を行う上で最も重要な理論である臓腑弁証をやさしく説明する。老化と共に衰えるのは「目」「耳」「骨(歯)」「血液」「抵抗力(免疫力)」であるとし、その対策法を解説する。
 すでに西洋医学的な病名をもらっている人には4章の「家庭でできる症状・病名別の中国医学的手当」がある。病気は人それぞれなので、実際に薬を撰ぶ段には中医学の専門家である医師や薬剤師に相談すべきだが、中医学的対処法とはどのようなものなのか、この本で知ることができる。B6判、226頁とこぶりだが、中身は相当に凝縮された好著だ。


本の購入は、アマゾンドットコムからどうぞ。★「amazon.co.jp」をクリック。「サーチ」で「和書」を選択、書名を記入して「GO」をクリック。