「けんこうの本」タイトル
王様の漢方王様の漢方著者 牛波 訳・江戸木純出版社講談社価格1,600円(税別)
王様の漢方

王様の漢方
 なんと「漢方」が小説に。”読む薬膳”が本書のサブタイトルで、読んで面白く、心に効き、精神疲労時の滋養強壮に最適とうたう。ひょんなことから、病み疲れた日本人の中国漢方治療ツアーが企画され、参加したのはさらにダイエットしたいというファッションモデル、インポテンツを治したい強面のやくざ、不妊症に、ガン、さらには性不同一障害の患者もいる。
 この一団に対するのは、大ベテランの中医師とその家族に弟子のアメリカ人。あれやこれやのびっくりすような治療法、写真やテレビで見たこともあるような治療法を施す。
 そして最後に、患者たちが中国の大地から教えられたことは……。
 作者の牛波(ニュウポ)氏は1960年の生まれ。インスタレーションやビデオアート、中国の伝統絵画、書、詩もよくする中国芸術界の異端児。しかし、血統をたどれば、中医の流れをくんでいるそうで、小説の中に出てくる治療法の中には、現代の中国漢方では忘れられたような技術もあるそうだ。

 本書は映画化され、2002年10月にロードショー公開。2003年中も全国各地で順次上映される予定だ(上映映画館のお問い合わせは、電話03-5738-5704「有限会社エデン」まで)。映画はストーリーが簡略化され、より劇的になっていて劇画調だがこれも楽しめる。
 映画の音楽はサウンドトラック盤として市販されている(amazon.co.jpでも購入可能)。作曲は、2008年北京オリンピック誘致フィルムの音楽も担当した、中国歌劇舞劇院交響楽隊の主任指揮者、史志有(シー・チーヨウ)氏。雄大な万里の長城のタイトルバックに流れるサウンドは、まさに癒しの音楽、薬曲とでもいうイメージがあっておすすめしたい1枚。


本の購入は、アマゾンドットコムからどうぞ。★「amazon.co.jp」をクリック。「サーチ」で「和書」を選択、書名を記入して「GO」をクリック。